2016-11-30 (Wed)

長男のバースデーケーキの話の続き。




長男のバースデーケーキは仕上がって
冷蔵庫に入れた

塾から帰ってきた次男は第一声
「ケーキ!食べたい」と言った

そうだよね
いい匂いだもんね♪

「でもお兄ちゃんのバースデーケーキだからね。お兄ちゃんが食べてからだよ」
そう言うと次男はウン、とうなずいた

そののち長男も帰ってきて
冷蔵庫を覗いたけど…






…手をつけず。



気がついてないのか、
食べる気がないのか…



私も次男と同じで
食べたかったけど
そこは静かに我慢した(笑)




結局その夜は長男はそれ以降リビングに降りてこず
ハッピーバースデーの歌も何も出来なかった




食べないつもりなのかな?

早く食べないと傷むのに…
次男は待ってるんだけどな…




次の朝

もしかしたら夜中に起きて
食べてくれてるかも?

と思い
冷蔵庫を開けてみたが






やはり全く手付かず…



やはり長男にとってこのケーキは
ゴミ箱行きなのか…


ずっとこのまま放置されたらそのうち
私が自らの手でゴミ箱に捨てなければならない





…切なすぎる💧😫


私は悲しい気持ちで冷蔵庫の扉をしめた…


「僕ケーキ食べたい。お兄ちゃん、食べないのかな?」

次男もそう言ったけど
どうしようもなかった


だって長男の誕生日だもの…








そして丸一日が過ぎた

「長男が食べないなら次男と一緒に食べちゃおうかな…捨てるくらいならその方がいいよね…」

会社から帰った私は
もうそんなふうに考え始めていた

そしてケーキを取り出そうと
冷蔵庫を開けたら、そこには







ケーキが無かった。



まるごと。


「あれ!?」



慌てて台所の流しを見ると
ケーキが乗ってた大皿とフォークがある。

けど
ケーキはゴミ箱にはなかった



つまり長男はいつの間にか







ホールケーキを全部食べてしまっていた。

😱


「あんなカロリーの高いものを一気に全部食べたのか~~~!!」



思いもよらなかった結末にびっくり。





…でも嬉しかった。


「食べてくれた」

それだけでもホントに😭







「お兄ちゃん全部食べちゃったんだよー。僕も食べたかったのに…」😞





次男のその言葉で

次の日もまた同じものを作り

次男と一緒に頂きました♪(笑)





ろうそく消したり
歌を歌ったりは無かったけど


これはこれで印象深い誕生日に
なりました


(*´︶`*)♡


| 母のキモチ | COM(-) | TB(-) |