2017-02-25 (Sat)

    「ねぇお母さん、なんで信じないの?」


    次男にそう言われちゃった…

    私がいないときに
    自分の部屋で勉強してたんだって。

    今はリビングでゲームしてるけど。


    信じてないのが
    顔に出ちゃってるらしい、私。


    そうね、絶対勉強してない…
    とは言えないけれど
    家で勉強してる姿なんて
    ほとんど見たことないもの

    「ええー本当に~?」とはなるよね(笑)



    あ、なんか思い出したゾ…
    この嫌な感じ

    そう、長男の受験の時にも
    こんなやり取りの応酬だった気が。


    ちょうど昨日
    今年の都立入試がようやく終わって
    次は次男たちの学年の番。

    『ああー受験生はじまったなぁ…😞💧』

    ってしみじみ思いました



    長男のときもそうだったけど
    高校受験を機に子供ははじめて
    少し真面目に自分と向き合うことになるよね

    向き合うといっても壁に向かって正座するような
    自分自身への向き合い方じゃなくて

    親を正面から見つめるんだよね…

    「俺はここから出発したんだよな」
    って感じの目つきで。

    そんな眼差しの我が子に嘘なんか通じるわけない



    「どうせ勉強なんかしてないんだろ?」

    って心で思ってたら子供はしっかりと
    それを見透かす


    私にとって高校受験生って
    逃げも隠れもできない鏡のようでもある



    「ねぇお母さん、なんで信じないの?」




    私は
    疑り深い性格なのかな…





    信じてもいいのかな…





    それがなかなか出来なくて困ってる










    | 母のキモチ | COM(-) | TB(-) |